牛肉(beef)についての記事

牛肉(beef)は栄養価が高く、美味しい。
ステーキ、焼肉、と肉そのものがメインで食べたり、色んな料理につかわれ、煮込み料理でもカレーやシチュー、煮物などの素材としたり牛丼のようにご飯の上に乗せて食べるようなものがある。
ビーフジャーキーのような燻製なども古くから存在する。

牛肉と価格

和牛は価格が高く高級食材だが、海外からの輸入牛は比較的安い
ただし豚や鶏よりは高い価格帯ではある。
スーパーでは和牛含む国産牛肉、アメリカ産、オーストラリア産が多い。
スーパーで購入した牛肉
スーパーで2014年9月に購入した牛肉は100g 258円という通常価格でした。
輸入肉でも300g肉だけで摂取しようとすると材料費だけで大体600円は超える。

料理方法

牛肉をブロックに近い状態で焼いて食べるステーキが代表格
かたまり肉をそのまま過熱して調理したローストビーフなど肉そのものの味を楽しむことが多いのが牛肉の特徴だ。
スライスされたり細切れの牛肉は、煮込み料理やソースを使った料理に用いられることが多い。
牛丼や、すき焼き・肉じゃが・カレー等各種
他にも鮮度が新しい牛肉などは生食で刺身としても食べられていた。赤身肉やレバー。
しかしながら雑菌による食中毒も後を絶たない

ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201005/4.html

日本と牛肉

日本では明治時代から食べられている牛肉ですが、それ以前は一般的には食べられておらず農耕牛として使われているのみだった。
さらに昔でも記録は残ってはいるが、一部の権力者が口にしていた記録がある位だ。
現代でこそ和牛のブランド化が日本の牛のイメージにはありますが、歴史は1世紀もない。

ローストビーフで成形肉を「ブロック肉」と表示した日本マクドナルド=景表法違反でマックに措置命令―消費者庁

外食 食品
東京ローストビーフバーガー等の広告表現に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ

成形肉を「ブロック肉」と表示した日本マクドナルド 景表法違反でマックに措置命令―消費者庁 というニュースが出ていたが、 マクドナルドって数年前の騒動以降まったく反省していないんだなと見て取れる。

糖質制限で話題!高タンパク質で安心安全、ニュージーランド牧草飼育牛【Saito Farm】

http://www.mdfood.jp/saitofarm/

牧草牛の名付け親・ケトジェニックダイエットのドクター斎藤が推奨 現代人に足りない栄養素を豊富に含むパーフェクトフード グラスフェッドビーフ(牧草牛)赤身牛肉のイメージを覆す、香り豊かでジューシーな最高級の赤身牛肉をご堪能ください。

焼肉のカルビとは?

食品
牛バラカルビ(味付)

焼肉のカルビとは、バラ肉のこと。 一般的に販売されているのは牛肉・豚肉が殆どで、あばら・肋骨(ろっこつ)近辺の肉で脂身が適度に乗っている肉です。

特選松阪牛専門店やまと|最高の松阪牛をお届け!

matsuzaka-steak

最高の松阪牛をお届け!特選松坂牛専門店やまと 美味しい牛肉を食べたい、お中元・母の日・父の日等のギフトでお悩みの方には、是非、オススメです! 二次会・ゴルフコンペの景品に「松阪牛目録セット」や「ギフト券」が人気! 女性に […]

「肉×ギフト」の専門店 肉贈

http://nikuzou.jp/

肉贈では、「肉×ギフト」の専門店として、肉ギフトを通じて、 ギフトを購入する贈り主、ギフトを受け取る贈り先様、 双方が感動するような接客、商品を提供することをミッションとしています。

格安焼き肉店の裏側|飲食店

文字『格安焼き肉店の裏側』

外食店の中で最近増えている業態の一つに格安焼き肉店が存在する 従来の価格よりも安さが際立つメニューの店舗が多い。 チェーン店の安くて旨いには裏が有る。

1年以上期限切れ”ローストビーフを客に提供「加熱処理をせず、牛ロースト丼としても提供」|牛肉

食品

元々結着材使用を指摘された事で回収した牛肉。 1年以上期限切れ”ローストビーフを客に提供した挙句、 「加熱処理をせず、牛ロースト丼としても提供」というのだからポカーンとする。 “1年以上期限切れ”ローストビーフを客に提供 […]

牛肉料理について紹介

食品

牛肉料理はステーキが最もスタンダートな調理方法。 基本的に熱して食べる事が主流で、 半生でも 外の面だけは火を通さないと菌の危険性が排除できない。 食中毒などを防止するためにも、菌は肉の内部にまで入らないために、表面だけでも熱処理する必要がある。

TPP、日本産牛肉の関税撤廃へ

食品

TPPで日本に牛肉の関税撤廃 これは別に日本に入ってくる牛肉が安くなるということではなく、 海外に出荷される和牛の税金が安くなるというだけの記事だ。

ページの先頭へ