漫画について

漫画は基本的にはモノクロ(白黒)の線画にスクリーントーンを貼り付けたものが多い。
アメコミなどと異なりカラーページが全編に使われる事は殆どなくカラーのページは表紙や特別なページ数枚ということが殆どだ。

日本の漫画文化

週間少年ジャンプに代表される週間誌が最も発行部数が多く単行本の比率も多い。
月刊誌が相次ぐ。
2010年代には従来から紙媒体の雑誌離れがよく言われてきましたが、同様に漫画の消費者の中心だった若者の漫画離れが加速している。
反対に増えたのはスマートフォンという存在が大きいだろう。

漫画からアニメ化

アニメ化される作品も原作本数が多い。
週刊誌原作の作品が依然は多かったのですが
最近ではライトのベルが比率を増やしていることが顕著に有る。
これが実に残念でアニメがラノベを原作とすることでストーリーが面白い物・目新しいものがかなり減ったように感じてしまう事。
「俺強ぇぇー」的なものとか
特定ジャンルの「ファンタジー物が増えたり」似通った作品が乱発される時期がまま見受けられる。

色々な分野で展開する漫画作品

大ヒット作は、漫画・ゲーム・アニメ、実写化など、
その他のジャンルにも転じて作品が利用されるため幅が広いジャンルになりやすい。
萌え絵の普及の根源は漫画文化による影響は否定できないだろう。
逆にシブい絵のマンガは減ったり不良漫画・格闘技系の漫画は縮小している気がしてならない。

未来日記 携帯 漫画 ヒロイン 猟奇

未来日記は猟奇的な感じが強い話。 作者:えすのサカエ 一巻の紹介に「空前のサバイバルゲーム勃発!」と書かれているが。 アニメ化された作品。(2011年10月から2012年4月)

DEAD Tube ~デッドチューブ~という漫画

文字『DEAD Tube ~デッドチューブ~という漫画』

DEAD Tube ~デッドチューブ~という漫画について。 動画をアップロードして再生回数を上げることで大金を得られる『DEAD Tube』という動画投稿サイトを巡る 高校生主人公たちがメインの作品。 登場人物は年齢の上・・・

「めしぬま。」という漫画

文字『「めしぬま。」という漫画』

WEB上でいろんな意味で叩かれやすい「めしぬま。」という漫画が、別角度から攻めすぎていて目が離せない(?) 飯を食べる漫画の中でも秀逸に「**い」として叩かれるには別の意味で成功しているのでは?という気もする。

異世界居酒屋「のぶ」

趣味
文字『異世界居酒屋「のぶ」』

異世界居酒屋「のぶ」という漫画(原作文庫)について ファンタジー世界で居酒屋やっているという謎設定な漫画 ほぼ近い設定は異世界食堂に似通った点は多い。 ※現実世界とファンタジー世界がくっ付いていたりすることなど。 異世界・・・

アポカリプスの砦 全10巻

文字『アポカリプスの砦 全10巻』

アポカリプスの砦全10巻という漫画 ゾンビ物の漫画 収監されている少年たちが、ゾンビから逃げて生き延びるための対抗手段として武装したり etcする話。

巨蟲列島 (チャンピオンREDコミックス)

文字『巨蟲列島』

漫画。 巨大化した昆虫が人に襲い掛かるという話。 遭難+パニックホラー物。 昔から昆虫が人と同サイズだったらかなり危険な生物だということは言われていましたが まさか漫画でメインの敵が昆虫になる作品が出てくるというのはなんだかなという感じがする。

食糧人類 ーStarving Anonymousー|漫画

文字『食糧人類』

食糧人類 ーStarving Anonymousーという漫画について ヤングマガジン連載の作品 チキンナゲット食っていた高校生が バスで気づいたら収監されていたという謎舞台。 ネタばれ要素も含まれる。

喰いしん坊! 全部24巻

2004年10月から2009年3月まで『週刊漫画ゴラク』連載されていた、漫画の「喰いしん坊!」全24巻読んでみた感想 刊行当時てせこれだけ大食いに特化した漫画があったということは驚きですが、 どちらにしても連載作品という様相なので話の後半のダレはどの作品にも同じく疲れる・ダレル内容。

喧嘩ラーメンという漫画

趣味
文字『喧嘩ラーメンという漫画』

喧嘩ラーメンという漫画は、暴走族の頭が、実家のラーメン店「がんてつラーメン」を継いでその後ラーメン修行に出るという流れの話だ。 販売時期が古い為現在のラーメン文化とのずれは大きい。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦という漫画

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦という漫画試し読み

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦という漫画 実に変である。 相手に告白されることを主題にしている漫画の内容ですが、 サブタイトルの「天才たちの恋愛頭脳戦」という点はどんどん劣化が見うけられている。 ※もともと天才っぽくはない内容ではありますがそこも割愛。 序盤こそ気になる話ではあるが巻数重ねるごとに印象は薄くなる。

漫画広告とスマートフォン向け広告の謎

スマートフォン向けユーザーが多くなったためか、 一部のアド型広告で表示されるサービスには、どう考えても年齢制限引くべきなのでは?と思う広告が多い。 極端にモロダシだったりしないのでやっかいなのですが、 これは普通に、二次元表現の漫画」という表現を絞られる的になりそうで怖い。

NHKにようこそ!|漫画

NHKにようこそ!という漫画。 原作は文庫でアニメ化もされている作品、 当初こそ、この作品は、少年エース誌上で毎月買った上でよんでいたのですが、 途中途中生活の都合上漫画も買うことができない時期があったため、 読んでいた話数は、飛ばし飛ばしになっていたためか、最後の方は少年エースを買うことすらなくなってたため漫画そのものは、読んだ分は、途中までで終わっていた。

闇金ウシジマくん|漫画

闇金ウシジマくんの作者はアフタヌーン登場時の読み切りの漫画が強烈すぎたので、割と手を付けずにいた。 初めてコミックス版で読んだのは2010年以降だったと思う。

奴隷区 僕と23人の奴隷(漫画)

奴隷区 僕と23人の奴隷は文庫原作の漫画 読み始めた時に漫画版があまりにも進んでいなかったため小説版に手をだしたが、 いまいちキャラクター構図が読み取れなかったが、 話は面白い作品。

ページの先頭へ