漫画について

漫画は基本的にはモノクロ(白黒)の線画にスクリーントーンを貼り付けたものが多い。
アメコミなどと異なりカラーページが全編に使われる事は殆どなくカラーのページは表紙や特別なページ数枚ということが殆どだ。

日本の漫画文化

週間少年ジャンプに代表される週間誌が最も発行部数が多く単行本の比率も多い。
月刊誌が相次ぐ。
2010年代には従来から紙媒体の雑誌離れがよく言われてきましたが、同様に漫画の消費者の中心だった若者の漫画離れが加速している。
反対に増えたのはスマートフォンという存在が大きいだろう。

漫画からアニメ化

アニメ化される作品も原作本数が多い。
週刊誌原作の作品が依然は多かったのですが
最近ではライトのベルが比率を増やしていることが顕著に有る。
これが実に残念でアニメがラノベを原作とすることでストーリーが面白い物・目新しいものがかなり減ったように感じてしまう事。
「俺強ぇぇー」的なものとか
特定ジャンルの「ファンタジー物が増えたり」似通った作品が乱発される時期がまま見受けられる。

色々な分野で展開する漫画作品

大ヒット作は、漫画・ゲーム・アニメ、実写化など、
その他のジャンルにも転じて作品が利用されるため幅が広いジャンルになりやすい。
萌え絵の普及の根源は漫画文化による影響は否定できないだろう。
逆にシブい絵のマンガは減ったり不良漫画・格闘技系の漫画は縮小している気がしてならない。

愚かな天使は悪魔と踊る|漫画

愚かな天使は悪魔と踊る 第01巻

愚かな天使は悪魔と踊るというアズマ サワヨシの漫画。 第01巻~05巻まで発売している。 現代日本が舞台。 ハラグロラブコメと書かれているが、下ネタ+ギャグコメディーとしか思えないかな。 愚かな天使と悪魔が、まんまその通りで比喩ですら無かったのはガッカリ要素。

博多豚骨ラーメンズ 漫画版・アニメ版

博多豚骨ラーメンズ 第2幕 1巻【電子書籍】[ 木崎ちあき ]

博多豚骨ラーメンズに出てくる、メインキャラクターは殺し屋達が活動する内容。 探偵と殺し屋殺しを家業にしている男と、女装っ子がメインキャラクター。 他に頻繁に出てくる定番キャラも結構多い。

政宗くんのリベンジ 全10巻|漫画

序盤こそはネタ要素で面白かったのですが途中からダレてきた感じは強いな。 登場人物も多い為ごちゃごちゃした感じも強い。 全10巻という巻数と、学園もの(学校が舞台であることが多い)だからなのか、なんか読んでて疲れる。 最後のオチは意外ではあったものの。

Uramiya Honpo WORST

怨み屋本舗 WORST 1 (ヤングジャンプコミックス) [ 栗原 正尚 ]

怨み屋本舗 WORSTは、ヤングジャンプコミックスから発売されている 栗原 正尚 作の漫画。

ピンクロイヤルという漫画について

pinkroyal-1

ピンクロイヤルという漫画 作品詳細 1話 特撮ヒーローものかと思いきやテレビだったというオチから。 セーラー服女子高生が主人公? 弓道部という設定も癖が強い気がするが。 登校時に気を失う。 気づくとコンテナが積まれた倉庫 […]

盾の勇者の成り上がり|漫画

盾の勇者の成り上がり(1) (MFコミックス フラッパーシリーズ) [ 藍屋球 ]

盾の勇者の成り上がり 盾の勇者の成り上がり 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)勇者として異世界に召喚された尚文は、冒険三日目にして仲間に裏切られ、すべてを失ってしまう…。他者を信じることのできなくなった尚文の前に […]

異世界薬局|漫画

異世界薬局(1)

異世界薬局という漫画は異世界で薬局作って、もといた世界の知識で無双する感じの話。

冷たい校舎の時は止まる[原作:辻村深月×漫画:新川直司]|(月刊少年マガジンコミックス)

冷たい校舎の時は止まる1巻

『冷たい校舎の時は止まる』は[原作:辻村深月×漫画:新川直司] の作品 第01から4巻まで月刊少年マガジンコミックスから発売中。 内容は、高校生たちの学園物かと思いきや校舎に閉じ込められるホラーもの。 自殺した事件が発端のようだが、原因は謎のまま話は進行する。

ページの先頭へ