魚は、日本では刺身や焼き魚、煮料理、煮干し、出汁用の食材など様々な料理で使われる。

淡水魚と海水魚

淡水の川や池に住む魚は比較的臭い。
反対に海に住んでいる魚は食べやすい。
淡水魚は加工して食べられることが多いのですが、鮭などのように海と川を行き来する魚などは除く。

刺身


刺身にする魚は大抵海水魚。
理由としては菌などの多さが考えられる。
日本近海で採れる魚以外にも海外で引き揚げられた冷凍の魚がスーパーなどでも販売されている。

稚魚

小さな魚でも日本では煮干しにしたり
そのまま食べたりする。
おもしろいくらい魚を全般的に食すと文化がある。

寄生虫と魚

魚に寄生虫が付いていることは普通にあるらしい。 日本では刺身やタタキなど生の状態で食べる食文化が歴史としてありますが 淡水魚も、海水の魚でも寄生虫の問題が存在しています。

サバ(魚)の糖質

食品

魚として一般的に日本では食されている鯖(サバ)ですが サバの糖質(炭水化物量-食物繊維)は、どの程度なのかと言う事と製品や動画を紹介。

ページの先頭へ