魚は、日本では刺身や焼き魚、煮料理、煮干し、出汁用の食材など様々な料理で使われる。

淡水魚と海水魚

淡水の川や池に住む魚は比較的臭い。
反対に海に住んでいる魚は食べやすい。
淡水魚は加工して食べられることが多いのですが、鮭などのように海と川を行き来する魚などは除く。
サバ科マグロ属
身と色には運動量の特徴や違いによるもの
マグロは大海原をゆったりと長い時間回遊しているが身は赤身
鯛などは海流が激しい所を瞬間的に泳ぐ白身魚

牛はゆっくり動くが長時間運動が可能で身は赤身。
ニワトリは、短距離を素早く動くことができるが身は白っぽい身。

赤筋 白筋の違い

刺身


刺身にする魚は大抵海水魚。
理由としては菌などの多さが考えられる。
日本近海で採れる魚以外にも海外で引き揚げられた冷凍の魚がスーパーなどでも販売されている。

稚魚

小さな魚でも日本では煮干しにしたり
そのまま食べたりする。
おもしろいくらい魚を全般的に食すと文化がある。

冷やし真鯛らーめん|真鯛らーめん 麺魚

ラーメン 食品
冷やし真鯛らーめん

久しぶりに墨田区錦糸町のラーメン屋『麺魚』。初回食べた時から既に1年以上経過している。 流石に移転しても外と店内行列でカウンターにつけるまで20分はかかった麺魚 味は悪くないけどラーメン1杯分相当食べきるにはツラい味。 行列の先頭が分からなくて困った 向かって⇒端が先頭だと尋ねるまで気づけなかった。(赤っぱじ) 店舗の入り口反対側(公園側で無い所が先頭とのこと。公園に後続が続くこと考えると利には適っていますが、初回だと気づけない) 食べた感想は、味は良いけど中盤以降飽きる味だった。 冷やしよりは普通の熱いのが良い。

西京焼きオリジン弁当の惣菜|魚のおかず

外食 食品
西京焼きの魚の身表面

西京焼きとは、西京みそと調味料を混ぜたものに魚の身をつけて焼いた料理。 オリジンの惣菜で食べた感想としては最初に買ったのはイマイチだったのですが、2回目は普通に食べれる味だった。 個体差で味付けの濃度が違う気がする。

寄生虫と魚

魚に寄生虫が付いていることは普通にあるらしい。 日本では刺身やタタキなど生の状態で食べる食文化が歴史としてありますが 淡水魚も、海水の魚でも寄生虫の問題が存在しています。

真鯛らーめん 麺魚 特製真鯛らーめん1050円|東京都墨田区錦糸町のラーメン屋

ラーメン 食品
特製真鯛らーめん1050円

東京都墨田区錦糸町駅近くのラーメン屋真鯛らーめん 麺魚というにて食券機左上の特製真鯛らーめん1050円を購入。 行列に並んで30分間くらいで着席できた。 道路挟んで公園側に列をなす様は、これから暑くなって来たら並びたくないな。 スープ切れが最近のTwitter見ていると、16時台程度で終了っぽいのでこれから暑くなって来たら厳しい気がする。 店内はカウンターが4席4席のL字型、計8席。割と狭い店内。 トイレはなさそうな建物でしたが向かいの公園にトイレある。

サバ(鯖)の糖質|魚

食品

魚として一般的に日本では食されている鯖(サバ)ですが サバの糖質(炭水化物量-食物繊維)は、どの程度なのかと言う事と製品や動画を紹介。

ページの先頭へ