食品

醤油豚もつ鍋|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した「醤油豚もつ鍋」という商品。 30%引きだと税込みで300円だった。
食品

豚肉キムチ鍋2019年度版|まいばすけっと

まいばすけっとの2019年度版の豚肉キムチ鍋。 定価税抜き398円。
食品

牛すき焼きうどん鍋|まいばすけっと

まいばすけっとの「牛すき焼きうどん鍋」 最近売っている所見かけないのですが12月上旬までに2度くらい食べた物。 定価398円税別
食品

醤油ちゃんこ鍋|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した醤油ちゃんこ鍋 定価は税別398円ですが、30%引きで購入して会計価格300円。
食品

海鮮寄せ鍋|まいばすけっと

まいばすけっとの海鮮寄せ鍋買ってみた。 定価398円税別。 3割引きで購入の300円。
外食

吉野家で2回目の 麻辣牛鍋膳 単品大盛

吉野家で2回目の 麻辣牛鍋膳 単品大盛2回目食べてみた。 ネギは小さい2個と芯の部分が1個とやっぱりショボイ。 味は香辛料が強め。
外食

吉野家 麻辣牛鍋膳 単品大盛りで食べてみた。

吉野家麻辣牛鍋膳 単品大盛りで食べてみた。吉野家の「麻辣牛鍋膳」2019年10月15日17時から販売開始のメニュー。 価格は税別で、並盛は748円、大盛が848円という値段。
食品

キムチ鍋で糖質制限試してみる|自炊料理

糖質少なめの食材で、たんぱく質と食物繊維手軽に取りたいと思ったことからキムチ鍋にすることにした。
外食

牛チゲ鍋膳 並み定価690円 吉野家 2019年1月

吉野家で2019年初で食べた「牛チゲ鍋膳 並 定価690円は、食べにくい大きさの白菜があってガッカリした。 カットが雑過ぎる。 
外食

牛すき鍋膳単品大盛り690円食べてみた|吉野家 2018年11月11日

吉野家牛すき鍋膳単品「大盛」690円食べてみた。2018年11月11日
食品

豚肉キムチ鍋|まいばすけっとで購入した食品

まいばすけっとで購入した「豚肉キムチ鍋」 これで4種類目だ。
食品

牛肉すき焼き鍋食べてみた|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した「牛肉すき焼き鍋」食べてみた。
食品

鶏肉ちゃんこ鍋|まいばすけっと

鶏肉ちゃんこ鍋 まいばすけっとで購入した物。 税込み価格428円
食品

豚肉と白菜の重ね鍋+葱|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した「豚肉と白菜の重ね鍋」を食べてみた。
外食

久しぶりに食べると辛い鬼辛豚チゲ鍋膳 14食目|吉野家

吉野家にて久しぶりに食べると辛い鬼辛豚チゲ食べた直後はお腹に来る。 以前いつだったかと思ったら3日前だったのでそんなに期間あいてないなorz 牛すき鍋膳のファミリーパックが店内の期間延長しているのも気になったのですが
外食

牛すき鍋膳 並盛のセット【吉野家】

吉野家の牛すき鍋膳 並盛のセットで食べてみた。 価格は650円なので地域鍋の価格より30円安い。
ラーメン

土鍋de煮込みcurryらうめん 竹末東京プレミアムの限定麺(カレー)

竹末東京プレミアムの限定麺「土鍋de煮込みcurryらうめん」を食べてみた 価格は1000円 15食限定とのことで19時に行ったら即売り切れたのでギリギリありつけた所。 最近限定切れるの早い気がする。 確実に食べたいときは開店前並びは必至かなぁ。
生活雑貨

一人用土鍋|調理器具

寒い季節に一人で鍋料理をしたくても、 一人用の土鍋が自宅にある人は少なくないのではないでしょう? 都内等の集合住宅などの台所事情は火元が、IHヒーターなどが多いため、そもそも土鍋の料理はネックになる要素が多いものです。 ガスコンロ別個容易するのは置き場所にもこまるし鍋料理のためだけに用意するのも手間。 ここでは一人用土鍋について紹介します。
食品

カニ料理の通販について (蟹)|鍋料理など

鍋がおいしい季節になりましたが鍋というとすき焼も定番ですがカニ鍋も美味しい食材の一つだと思います。 寒い季節はカニ鍋がダントツ。 日本海や北海道というと冬の季節のカニは風物詩のように取り上げられます。 カニ料理 カニの剥...
食品

鍋料理について紹介

寒い季節は鍋がよく会います。 ガスコンロや土鍋などで調理するのが本格的な感じはましますが 一人ぐらしでもいかに鍋料理が出来ないかを模索してしまいたくなります。
食品

すき焼きについて|鍋料理

冬の鍋料理の中で蟹に並んで豪華な印象の料理が「すき焼き」です。 すき焼きについて「割り下」の事や、関東と関西のすき焼きの違い、料理方法の注意点などを紹介。 すき焼きは、『すき焼き』が本来鋤で焼く調理だったのが元だといわれていますが、 由来については、多少ばらつきがあるような記載が多い。
食品

こっぱみじん鍋

こっぱみじん鍋とは、ミヤネ屋で紹介された鍋料理のレシピである。こっぱみじん鍋というから相当恐ろしい図を想像してしまうのだが、ちょっと調べてみた。
タイトルとURLをコピーしました