日清食品について

即席麺メーカーとしてイメージが強い日清食品ですが食品全般で事業を展開しており冷凍食品なども見かけることができます。
大阪府大阪市淀川区に本社を置いている。
創業者は台湾出身の安藤百福という人物でチキンラーメンの誕生とカップヌードルで世界に即席めんを普及させた人物とされる。

日清食品ホールディングス

傘下の会社

  • マルちゃん-東洋水産株式会社
  • いつのまにか日清食品ホールディングスの傘下に東洋水産がなっていた。
    日清食品は冷凍食品などにも事業を伸ばしているので会社規模も売上高も即席めん業界では最大手だろう。

    日清 焼すぱ 下町ナポリタン

    食品
    日清 焼すぱ 下町ナポリタン

    ローソンストアで見かけて購入した商品「日清 焼すぱ 下町ナポリタン 」という即席カップめん。 ただし即席カップめんのナポリタン。 要するにスパゲッティーだ。

    日清キーマカレーメシ スパイシーとは、どういうものなのか?

    ラーメン 食品
    日清カレーメシ

    最近の日清の動向が理解不可能。 お湯を注ぐだけで食べれる即席カレーライス 価格は、各種¥237(税込)カレー以外にもカップヌードル ぶっこみ飯などがあるシリーズの一つ。日清ハヤシメシ デミグラスなども有り麺が全くないタイプが派生で存在している。

    新ラ王の『日清ラ王背油濃コク醤油』食べてみた|カップラーメン

    ラーメン 食品
    文字「『日清ラ王背油濃コク醤油』」

    パッケージには、日清史上最高傑作次世代ノンフライ麺 日清ラ王背油濃コク醤油と記載されている。 カヤクが、チャーシューとカヤク(もやしとネギ) スープは粉末スープと液体スープ 麺は黄色っぽい色のインスタント麺です。太麺です。 さてさて生麺タイプの時のラ王と、どのように違うのだろうか・・・。 画像無し。動画無し。(データが見つからないため) 記事書いた日 不明

    日清貫禄の一品 きつねうどん|カップうどん(即席カップめん)

    食品
    日清貫禄の一品 きつねうどん|カップうどん パッケージ

    日清食品の「貫禄の一品 きつねうどん」というカップうどん(即席カップめん)を食べてみた。 購入店舗はローソンで108円で購入。 500mlものお湯が必要。 熱湯5分 食べ終えた感想として、特に「きつねうどんが食べたい」時にあえてこのカップうどんを食べる魅力は無いかなと思えた。

    たまに食べたくなるチキンラーメンは丼タイプがお勧め|日清 チキンラーメンどんぶり

    ラーメン 食品
    上蓋パッケージ 日清 チキンラーメンどんぶり

    たまに食べたくなるチキンラーメンは丼(日清 チキンラーメンどんぶり)がお勧めである理由。 袋タイプのものは、単品で買うと1個税込み90円程度する。(店舗による) 他の袋タイプの即席麺よりも高いことが多い。 このため100円ショップなどでチキンラーメンどんぶりが売っていたときは買いなのだ ※コンビニだと150円程度する為。

    日清 お椀で食べるカップヌードル 3食パック

    ラーメン 食品
    日清 お椀で食べるカップヌードル 3食パック パッケージ

    『日清 お椀で食べるカップヌードル 3食パック 』という即席めん。 チキンラーメンを買いに行ったつもりが税込み400円オーバーだったので他を探していたら 「カップヌードルの3食入り」という小さいタイプのが目に留まったのでネタ用に買ってみた。 最初に思ったことがカップに入ってなかったらカップヌードルという表記は変な気がした。 商標もとい製品名としての「カップヌードル」という使いまわしなんだろうけども。 ジャンルとしてもカップラーメンではなくインスタントラーメンが該当しそうだ。

    ページの先頭へ