早い・安い・旨いとお得な代名詞になってきた牛丼屋。
マクドナルドから低価格路線を奪取して一人がちかに見えた牛丼チェーン店各種ですが、
2012年くらいからソーシャルメディアを通して
各地域の店舗の混入事例や店舗のアルバイトの投稿が危険なものが多く発見されている。
ここでは食べてはいけない牛丼屋を挙げてみる。

すき家

キムチは韓国産
バカッター従業員ダントツで多い。
2014年現在でもTwitterなどでアルバイトが写真を撮影している姿は頻繁に見受けられる。衛生管理が最悪だ。
冷凍牛丼の具でも一度塊の肉が入っていてメールで問い合わせたが返事無し。
さりげなく韓国原産白菜を使った韓国で製造しているキムチを使っていた事実を知ってからは、ここ数年すき家の牛丼すら食べていない。
すき家のキムチは韓国産?
すき家は史上最悪な水準の牛丼屋だろう。

追記2014年度時点でもこんなことしている。


すき家はワンオペに代表される過酷勤務や、強盗被害が相次いでいたりするので店員を管理できない会社が、食品の安全を管理できるとは到底考えられない。

松屋

キムチは中国産
バカッター従業員は減ってきたが危険度は高いと想像できる。
元々定食のメニューは多いが、
新しい牛丼もアルバイト店員と思われる人物の悲鳴が挙がっているので今後どうなるのかは危険だろう。
私的には、店内で怒鳴る客との遭遇率が多かったためにあまり松屋を利用する頻度は激減したしここ数年は行った記憶すら殆ど無い。

吉野屋

キムチは日本国産
ただし玉葱は中国産(時期による変動あり)
バカッターは稀に出る。
過去に「テラ豚丼」を出して炎上したのも吉野屋のバイトだった

ただ吉野家はこのあと、バカッターなどで小規模な悪ふざけ写真のツイートは見られたが、
吉野家に限って極端な炎上は起きていない。
どちらにしても大手牛丼屋は、どこもアルバイト依存の業態であるため、非常に管理は甘い。
牛丼が食べたければ大手なら吉野家
もしくはその他の飲食店で牛丼が有る店をお勧めする。
吉野家の経済学 (日経ビジネス人文庫)

吉野家の経済学 (日経ビジネス人文庫)

  • 著者:安部 修仁,伊藤 元重
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • 発行日:2002-01
  • 吉野家の経済学 (日経ビジネス人文庫)

    総合的に

    牛丼チェーン店は価格競争が厳しすぎたためかなり従業員の労働がブラック化していることや商品のコストなどから考えても既に破綻している気がして為らない。
    食べるとしても吉野屋がお勧めだろう。

    松屋やすき家は問題外の水準。(というよりも松屋は客層が苦手。何故か怒鳴る客が居る印象が数度有ったため・・・)
    すき家は冷凍牛丼の具に肉の塊が入っていたりして問い合わせたが返事が無かったりと恐ろしい。
    どちらにしても牛丼屋は危険度が高い。
    アルバイトしか店内に居ないような飲食店が、牛丼チェーン店の現状なので
    品質管理は最悪な物になっていると考えられる。
    いざと言うときに責任者もいないとかで、どうするつもりなんだろうという感じが強い。
    ワンオペ強盗被害は2014年になっても相変わらずだし、危機管理能力皆無だろう。
    むしろ客の安心・安全は考えていない気がする。
    牛丼チェーン店は、別の観点でマクドナルドよりも店内での衛生管理は危険度が高いと考えられる。

    創業50余年の卸肉屋直営 もつ鍋「良之助本店」

    聘珍樓の吉切鮫フカヒレの姿煮(化粧箱入)