糖質制限の為の糖質の値(g)一覧をメモしておきます

注意点として糖質の”目安”であり、製品や、品物、素材などで異なり、加工品等は糖質自体が原材料によっては大幅に異なる場合がございます。

基本的には成分表の中に糖質がどの程度含まれているのか記載されている物を口にした方が確実です。

スポンサード リンク

食材名 糖質の量(100gあたり) 備考
ご飯の糖質 40g ご飯の糖質について
食パン 46g 食パンの糖質の量(栄養成分表示より)
中華麺 50g程度 中華麺(ラーメン)の糖質
牛丼(並) 1人前95.1g(炭水化物量) 牛丼の糖質の量【吉野家・すき家・松屋フーズ】
アーモンド 3.6g アーモンドの栄養成分掲載ページ
国産大豆 11.1g 国産大豆の糖質(炭水化物)の量について
バターピーナッツ 17.7g(炭水化物量) 参考商品:セブン&アイの成分表示
チョコレート効果86% 1粒(5g)あたりで、糖質が1.1g チョコレートの糖質がどの程度なのか調べてみた『チョコレート効果72%』『チョコレート効果86%』(糖質制限)
カレールー 10g(炭水化物量1人前) レトルトカレーだと1人前で18g程度
インスタント味噌汁 炭水化物:4.3g ローソンの減塩味噌汁
アイスコーヒー 1g~3g(1人前) 【糖質制限】マクドナルドのホットコーヒーとアイスコーヒーの糖質
8-1 8-2 8-3
タマネギ 15.58g 玉葱(タマネギ)の糖質量について
長ネギ 4.8g 長ネギの糖質
ニンニク 30.9g ニンニクの糖質
8-1 8-2 8-3
8-1 8-2 8-3
緑豆もやし 1.3g もやしの糖質(炭水化物量):栄養成分表示

[table id=1 /]

Rice and miso soup
米200Gを食べるととんでもないことになることが解る。カバーするには食物繊維を補わないといけないのですが、マイナスカロリーで食物繊維をとるのは至難。朝昼晩と米食だと太りやすくなる。運動しないとそりゃぁ太る。

ラーメン1食食べると国際基準の低糖質制限食の基準からオーバーする可能性がある。餃子とかツマミつけたりビールを合わせて飲んだら糖質過多になる。
逆に糖質が低くて良いものは
大豆食品は味噌でも糖質は100gあたり20g~30g程度なので味噌汁は1食分は3g程度になる。
油揚げや厚揚げ、豆腐も糖質は少ない。
オカラも同様に糖質は少ない。
煎り大豆も100g辺りの糖質は低めです。大豆そのものが、100gあたり糖質11g程度であり煎り大豆は水に戻して炒っただけなので栄養価が上下しているとは考えにくい。煎り大豆100g食べるのは結構辛いので主食の代わりに大豆は有り。
味噌汁は健康に良い食材(糖質も1食あたりは少ない。)
低糖質な麺やブラン(ふすま粉)を用いたパンも結構販売されているのでコストは掛かるが主食の代価品は多い。
個人的に糖質0g麺は味と食感的に苦手。糖質0g麺 紀文の人気ヘルシー商品と公式サイトの紹介

おかず

[table id=2 /]
オカズにするには鶏肉が無難だということが解る。
魚はサバの水煮缶が買い置きにも便利だろう。逆に、味付けされているサバ缶は危険だ。
赤身肉だけたべるのも良くないということが言われているため、牛豚鶏以外に魚は食べるべきだろう。
低価格で低糖質な食材
鶏肉+野菜(食物繊維)
サバ缶詰+野菜
は最強な組み合わせだ。
糖質制限ダイエットをコンビニエンスストアでも行うには

  • ラーメン二郎で麺抜きラーメン(炭水化物抜き)・・・